Food+Create 千代田

食の魅力づくりプロ

並べるだけで売れる時代は終わりました。現代はインスタ映えするような視覚で訴える売り場、視覚に訴える商品が求められるVMDの時代です。日本料理店の伝統を引き継いだクリエイターが、あなたのお店づくりのお手伝いさせていただきます。

scroll

売りかた

Selling
コンサルティング・販路開拓
VMDで売る!

魅せかた

Display
フードコーディネート
VMDで魅せる!

食べかた

Cooking
魅せるレシピ
レシピをつくる!

繋ぎかた

Social
食の展示会効果を2倍にするセミナー開催
VMDで広げる!

食のVMD

Food+Create 千代田


私たちは“食”を扱う中小企業、飲食店向けに、展示会や店舗でのVMD(売り場づくり)や販売促進のサポートをしています。女性視点のマーケットと消費者が買いたくなる『売り方』『食べ方』『魅せ方』のご提案や販路開拓促進のお手伝いをいたします。現在、商工会議所、商工会、自治体、個店、6次産業化プランナーなど幅広いサポートをセミナーや講座・講演を通じてを行っています。

魅せかた具体的な演出方法

具体的な演出方法

商品価値を高める演出方法

商品を購入する決め手は、他とは違う視点で考えたことを伝えることにで、そのメッセージ自体が価値となります。常にお客様が購入する価値があると思うことを追加していくと商品の販売数は増えていきます。

続きを読む

VMDとは


VP ビジュアルプレゼンテーション

VPはビジュアル・プレゼンテーションの略です。立ち止まりディスプレイです。お店のコンセプトや主力商品、魅力商品を表現する場になり、来店のきっかけをづくりのポイントです。

PP ポイントプレゼンテーション

PPはポイントプレゼンテーションの略です。回遊するディスプレイです。おすすめや人気の商品をアピールする場になり、お客様に店舗を回遊してもらうことがポイントです。

IP アイテムプレゼンテーション

IPはアイテムプレゼンテーションの略です。選択購入ディスプレイです。種類やカラー、サイズなど具体的に欲しいものを選ぶ場になり、手に取りやすいレイアウトづくりがポイントです。

主宰プロフィール


林由希恵(yukie hayashi)

絶対売れると思っていた商品が、「なぜか売れない・・・」とお悩みの事業者様、売場責任者様へ​「魅せ方次第で商品は売れます!」

どのようなものにニーズがあり、どんなパッケージで、どんな価格が売れるのか?実際の現場経験を基に「売れる」商品アドバイスを心がけ、女性視点でのマーケットと消費者が買いたくなる「売り方」「食べ方」「魅せ方」の提案から販路促進支援のお手伝いをいたします。

代表の経歴


LADAKH flower studio
有名婦人誌等で活躍する垂見圭竹氏に師事してフラワーコーディネーターとして勤務。
株式会社モニモス
インテリアプロデュース会社にてコーディネーターとして雑貨の商品開発、店舗のディスプレイ指導を担当。
株式会社フードワークス
通販事業に従事し、商品バイヤー兼フードコーディネーターとして大手百貨店やTV通販等の商品プロデュースを行う。
マーケティングセバスチャン株式会社
フードコーディネーター兼フードスタイリストとして、大手外食チェーン・個店・食品メーカーのメニュー開発・撮影、新商品のレシピ開発、販路開拓等トータルに従事。食品問屋等の流通やマーケティングにも精通する。
「有限会社 千代田」継承法人化・「Food+Create」設立
これまでの経験を基に、思わず手に取りたくなる売り場の商品陳列や展示会の空間演出はもちろんのこと、消費者が買いたくなる「売り方」「食べ方」「魅せ方」をご提案。

お知らせ&ご報告


Food+Create千代田からのお知らせ&ご報告

HOMEイベント予告の記事 2020-01-05

FOODEX JAPAN 2020 参加!

日本最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN 2020[第45回国際食品・飲料展]」内に「中小企業総合展 in FOODEX 2020」を設け、日本全国の食品・飲料分野の商品を取り扱う中小企業者を一堂に集めて逸品を展示されます。

Food+Createでは、フーデックス出展者説明会でセミナーをさせていただきました。3月10日~13日の4日間は、会場にてメニュー開発も含め、キッチンステージで実演を行います。

食のVMD & 商品演出


『動線』+『動長線』『動線』+『動長線』

VMDの知識

『動線』+『動長線』

動線はお店をデザイン・店舗設計する上でとても重要です。 『動線』とは、お店の中を人が自然に動く時に通ると思われる経路を線で表したものです。この動線計画次第で、お店の売上や集客は大きく左右されます。 動線長は「滞店時間」ともいいます。 人の流れを考え滞在時間を長くさせる動線。 「どうやって、お客様に出来るだけ長くお店に滞在して頂くか?」「どうやって、お客様にお店の隅々まで見て頂くか?」 お客様の動線を長くすることは、店内の滞在時間を長くすることに繋がり、結果的にそれが売上に繋がります。 お客様の動線は長く、スタッフの...

続きを読む

食品展示会食品展示会

VMDの知識

年間の主要な食品展示会のご案内

 1月  居酒屋JAPAN  メディケアフーズ展/ケアショー・ジャパン  焼き肉ビジネスフェア  JAのハウス展示会  北米東西で行われる北米最大級の食品展示会「Fancy Food Show」北米で注目すべき食品展示会といえば「Fancy Food Show」です。Fancy Food Showは、北米最大級の高級食材見本市と呼ばれ、西側サンフランシスコでは「Winter Fancy Food Show」...

続きを読む

『ストアアイデンティティ』 + 『売り場』『ストアアイデンティティ』 + 『売り場』

VMDの知識

『ストアアイデンティティ』 + 『売り場』

ストアアイデンティティとは、一言で表現するとお店の個性や "らしさ"です。 たとえば、朝食に使う『マグカップ』です。A店では2万円高級ブランドのマグカップを販売。B店では100円のマグカップを販売。どちらも間違えではありませんし、どちらにも顧客が存在してニーズがあります。 誰に(ターゲット)、何を(商品やサービス)、どのように(独自機能)提供するのか。 お店の空間や佇まい、売り方や魅せ方などが、他のお店との差別化につながります。商品を含めた売り場づくりによって、いかに生活提案や楽しい買物体験をさせるなど売場の情報化...

続きを読む

PPPP

VMDの知識

PP

PPはポイントプレゼンテーションと言って、来店客を回遊させる重要なディスプレイです。これがあるかないかで、お客様の店内を歩く距離は違ってきます。PP1は来店して最初に目が行くPP。その次に、PP2、PP3です。PPを、どのくらい店内に設置したらよいか。それは販売施策や什器デザイン、ブランドルールによって違い、とにかくたくさん店内に置けばいいというものではありません。PPをたくさん置くと、店頭からの店奥への視認性が悪くなるし、IPとPPのメリハリがつかなくなります。 一番いいのは、PP用専門棚・専門什器をつくることだ...

続きを読む

VMD(売り場)の基本 飲食店編VMD(売り場)の基本 飲食店編

商品演出

VMD(売り場)の基本 飲食店編

魅力的な売場づくり〈飲食店編〉 ☑「人通りは多いが自店舗への集客に苦戦している…」☑「おすすめメニューを目立たせる演出とは…」☑「プラス1品追加したくなるPOPとは…」☑「限られたスペースでお客さまが入店したくなる魅せ方とは…」 小さなレストラン・居酒屋・カフェなどの魅力的な飲食店の売り場づくりのポイントをご紹介します。 まず「売り場づくり」としての基本的な考え方は、飲食店も同じです。   VPによって看板や店舗ディスプレイで来店のきっかけをつくるP...

続きを読む

フェイスアウトフェイスアウト

VMDの知識

新作や売り出し中商品をお客様にアピール

ハンギングは、商品をハンガーに掛ける事を指す専門用語です。 ハンギングの中でも「フェースアウト」と「スリーブアウト」という二種類の方法に分かれており、それぞれに特徴があります。 フェースアウトもしくはフェイスアウトは商品を正面から見せる陳列方法で、新作や売り出し中の商品などをお客様にアピールする際に使われる手法です。

続きを読む

インスタVMD辞典