トーンオブボイス

April 29, 2019

店舗スタッフやPOPの口調。

 

日本語ではトンマナ(tone& manner)とも言っています。

トーンオブボイスに関しても、それをしてみたいと思います。

 

まず最初にトーン(tone)というが、それは何のトーンなのかという問題があります。

それによってトーンの「意味」が変わります。

 

 

 

 

クリエイティブブリーフでは通常「トーン・オブ・ボイス」という用語が使われます。

つまり、voiceのtoneをここでは規定することになります。

 

voiceというのは、「声、表明」ですから、プロポジションのことを差すと考えていいです。

つまり、プロポジションを、どんな雰囲気で語るかが、トーンオブボイスと捉えるのが正しい「読み方」です。

 

プロポジションを語る雰囲気、感じ、語り方ですから

・真摯に

・カジュアルに

・説得的に

・挑戦的に

・権威的に

などがトーンオブボイスとしては、適当なワードになってくる訳です。

 

 

 

Please reload

特集記事

展示会ディスプレイをはじめ、地域の魅力の伝え方、成果に繋がる売場づくりや店舗売場改善指導などの提案を行います2

January 6, 2019

1/3
Please reload

最新記事