ティーバックス 代官山

July 21, 2019

最近はこのあたりのことを“奥代官山”なんて言うらしいですね、初めて知りました。

結構迷いながら進みました。

 

 

実際超のつく穴場です。でもガレージを改装した店内はすごくおしゃれでした。

原宿あたりのアパレルにありそうな独特の雰囲気です。

周りのサロンやエクササイズにも合う雰囲気です。

 

 

 

奥代官山とは、代官山駅から並木橋あたりまでの、
どちらかといえば渋谷・恵比寿寄りのエリア(住所的には渋谷区代官山町1〜10丁目、
渋谷区恵比寿西2丁目)のことを指すらしいですね。

 

お店はシンプルな作りで、中に入るとすぐにティーカウンターがあります。
テーブルも小さいですがあります。

 

 

 

 

 

コーヒースタンドならぬ、ティースタンドだそうです。

マスターがお茶好きで始めたそうなのですが、茶器が台湾製だったり、台湾茶もあったりでそれも面白いです。

 

日本に限らず、美味しいお茶を集めているそうでこだわりがいい感じに出ていました。


また、日本茶は奥豊(おくゆたか)で濃い味と低めの温度と温かい温度で渋みと甘みの出方を豊かに楽しめます。
まさに奥豊か!(笑)な味わいです。

 

50度以下で淹れるとテアニンというアミノ酸の甘みが出るのですが、渋みの主張が少ないので飲みやすいです。

 

 


一緒に出てくるかりんとうとちょうど合う感じで楽しめます。

最後に奥豊の出がらしをポン酢と塩味で食べられるのですが、野菜を食べているみたいでとても美味しかったです。

 

 

もう1人は、冷やしの柚子茶を飲んでましたが、ゆずの主張が控えめでとても飲みやすかったです。

店内は刺青をしているマスターに絡めたのか、お相撲さんの刺青の錦絵みたいなのがあったり、鹿のはく製があったり面白い店内でした。

 

和洋折衷にシンプルに表現するのも面白い事例だと思います。

 

 

 


 

Please reload

特集記事

展示会ディスプレイをはじめ、地域の魅力の伝え方、成果に繋がる売場づくりや店舗売場改善指導などの提案を行います2

January 6, 2019

1/3
Please reload

最新記事