ロクシタン渋谷本店

June 26, 2019

渋谷スクランブル交差点の目立つとことに前からあるロクシタン

ロクシタンジャポンは2018年8月8日、東京・渋谷スクランブル交差点に位置するロクシタンショップを「ロクシタン渋谷店 ブーケ・ド・プロヴァンス」としてリニューアルオープンしています。

 

<ロクシタン渋谷店 ブーケ・ド・プロヴァンス>

 

1階の店内には様々な植物から誕生した製品が並び、2・3階は日本初となるピエール・エルメ・パリ監修のカフェ「L’OCCITANE Cafe by Pierre Herme」として生まれ変わってました。

最近ピエールエルメさんは本業以外のコラボも多いですね。

 

店舗の外観は、ロクシタンを代表するハーブ「イモーテル」の黄色の花を柱にあしらっているのが目を引くデザインを採用されています。

<プロヴァンスから届いたブーケのような店舗>

 

メディア取材によると、プロヴァンスから届いたブーケのような店舗。従来の顧客に加え、20~30代を中心に新たな客層を呼び込むため、流行の発信地である渋谷に新コンセプトショップをオープンする。海外からの観光客も多い渋谷で、五感で感じる初めての体験を提供できる店を目指すとのことでした。

 

外国人も若い日本人も多い場所だけに確かに一新されていました。

まずはこの入り口の花束の壁面。

増加ですがここまできれいに、発色もよいと目を引きますね。

 

 

店内では高く積み上げられた三角構成で、いま一番押しの商品が店頭に並べられています。

テスターを試しましたが、さすがにいい匂いでした。

スッキリとしていてしつこくない匂いでした。

 

 

 

入れ物に香水が入れられていますが、どれも面が目線に向いてあるようにしてあります。

見やすさと目を引けるかどうかが意識してあります。

 

 

照明や雰囲気などすべてがプロヴァンスになっています。

イメージと中身が一致している好事例ですね。

 

 

ピエール・エルメカフェはひっきりなしに人が出入りしていました。

さすがにインスタ映えが意識されています。

並んでいたので諦めました…

 

 

 

 

Please reload

特集記事

展示会ディスプレイをはじめ、地域の魅力の伝え方、成果に繋がる売場づくりや店舗売場改善指導などの提案を行います2

January 6, 2019

1/3
Please reload

最新記事