オープンケース

March 30, 2019

ケースで上がオープンになっているもの。客はセルフで商品を取り出せる。

 

 

 

対面ショーケースの選び方
■扉の開き方と排気方向から選ぶ
前引戸タイプ


●前引戸タイプのメリット
ケーキショーケース/対面ショーケースの前面が引戸になっているタイプで、排気方向はケーキショーケース/対面ショーケースの後方から排気しますので、背面を壁につけることはできないタイプです。

 

設置方法としましては、前面からお客様に商品をご自身で選んで取り出していただき、背面側のお店のスタッフさんに手渡してもらう方式になります。

上開きタイプ・チェストタイプ

 

●後引戸タイプのメリット
ケーキショーケース/対面ショーケースの背面が引戸になっているタイプで、背面を壁につけることはできないタイプです。
排気方向はケーキショーケース/対面ショーケースの後方から排気します。
設置方法としましては、前面からお客様に商品を指さしていただき、背面側のお店のスタッフさんが引戸を開けて商品を取り出す方式になります。

前扉・前開きタイプ・アップライトタイプ

 

●前後両面引戸タイプのメリット
ケーキショーケース/対面ショーケースの前面と背面の両面が引戸になっているタイプで、排気方向はケーキショーケース/対面ショーケースの後方から排気しますので、背面を壁につけることはできないタイプです。

 

超低温タイプ

●背面壁付タイプのメリット
ケーキショーケース/対面ショーケースの前面から排気するタイプで、背面を壁につけることができるタイプです。
扉は前面が引戸になっていて開くタイプになります。

 

超低温タイプ

●アイランドタイプのメリット
ケーキショーケース/対面ショーケースの前面と背面が同形状のデザインになっていて扉が前後から開けられ、食品を出し入れできるタイプです。
設置方法としてはバイキングやビュッフェのようにホールの真ん中においてご使用いただけます。


■温度帯・湿度管理の違いから選ぶ
低温タイプ

 

●低温タイプのメリット
ケーキショーケース/対面ショーケースの庫内の温度帯が5℃前後と低いタイプです。
生クリームを使用するケーキの保存に適します。

 

高湿タイプ

●低温タイプのメリット
ケーキショーケース/対面ショーケースの庫内の湿度を約80%の高湿状態に保つタイプです。
生クリームなども風味を損なわずに保存できるタイプです。。

Please reload

特集記事

展示会ディスプレイをはじめ、地域の魅力の伝え方、成果に繋がる売場づくりや店舗売場改善指導などの提案を行います2

January 6, 2019

1/3
Please reload

最新記事