GMS(ジェネラル・マーチャンダイジング・ストアとは)

January 14, 2019

 

 

ジェネラル・マーチャンダイジング・ストアの略となります(イオンなどの業態)。
近年は閉店が相次いだり、どこも似たり寄ったりになってしまったりしており、再編も進んでいます。

イオン、イトーヨーカドー、イズミなど大きな商業施設も増えていますが、競争も激化しており、さらなる再編が見込まれます。

 

日本語では「総合スーパー」と訳され、日常生活で必要な物を総合的に扱う、大衆向けの大規模な小売業態です。

 

アメリカで発達した業態のひとつで、最も資本効率の高い経営システムを構築するため、経営的にはチェーンオペレーションを用い、販売される商品面では、ユーザーニーズに対応した優れた商品開発力を備える。食料品や日用品に限らず、衣料、家電、家具など、多種多様の総合的な商品構成が特徴です。

 

多くの場合、多数ある店舗への効率的な商品供給のため、自社の物流システムを擁している。最近ではその業務内容は、百貨店との差別化も難しいほど多様化してきています。

 

総合スーパーの特徴としては、以下の特徴があります。

・スーパーマーケットとは異なり、食料品や日用品のみならず、衣料品や家電、家具など、様々な商品を総合的に品揃える。特に衣料品の売場比率が大きい。


・マイカー利用客向けに、大規模な駐車場(収容台数は数百台から数千台)を備えている店舗が多い。


・建物は一般的に2 - 6階建程度の建物で、多くの店舗で屋上を駐車場としている。各フロアの移動用にエレベーターやエスカレーターを備える。

・会計は売場ごとのレジ方式。
店舗内にテナントが入っている事が多く、総合スーパー単体店であってもショッピングセンターを形成している。
 

Please reload

特集記事

展示会ディスプレイをはじめ、地域の魅力の伝え方、成果に繋がる売場づくりや店舗売場改善指導などの提案を行います2

January 6, 2019

1/3
Please reload

最新記事