BCGマトリクス(ビーシージーマトリクス)

January 6, 2019

BCGマトリックスとは?

 

BCGマトリックスとは、「The Boston Consulting Group」が発案したフレームワークで、企業の長期的な戦略を計画する際に広く使われています。これをもとに、製品を見直し、グロースのチャンスを見極めることで製品の撤退や開発をすすめることができるのです。BCGマトリックスは成長率・市場占有率マトリックスとも呼ばれます。

BCGマトリックスは、市場成長率および市場占有率(シェア)の分析に基づく4つの象限に分けられます。

 

 

 

1.負け犬 : 市場成長率、市場シェアがともに低い製品。
2.問題児 : 市場成長率が高く、市場シェアが低い製品。
3.花形 : 市場成長率、市場シェアともに高い製品。
4.金のなる木 : 市場成長率が低く、市場シェアが高い製品。

 

BCGマトリックスの活用法とは?
BCGマトリックスは製品のポートフォリオを表すためのものだと考えられているため、通常は複数の製品を持つ大企業に適しています。ただ、中小企業のマーケターの場合も、同様にポートフォリオを作成することで、製品の見込み顧客を獲得したり、セールス促進を図ることができます。

 

次に、それぞれの象限ごとに行うべき戦略をご紹介します。

•負け犬 : 市場成長率、市場シェアがともに低い製品
一般的なマーティングにおいて、企業のリソースの損失につながる「負け犬」に分けられた製品については、ポートフォリオから除外させることを勧めます。

しかし、ほとんどコストをかけずに継続的な収益を上げる製品 (=金のなる木) になる可能性もあるため、その後の可能性を十分に考慮してから除外するかどうか決定するようにしましょう。

 

例えば自動車業界では、特定の自動車の製造が終了しても、スペアパーツのニーズは継続します。スウェーデンの自動車メーカー「SAAB」も、新車の販売取引および製造を中止してからは、部品販売へとビジネスを移行しました。

 

•問題児 : 市場成長率が高く、市場シェアが低い製品
「問題児」とは将来的に「花形」と「負け犬」のどちらにもなり得る製品のことです。これらの製品を「花形」へと成長させるためには、多額の投資が必要となります。

例えば、ゲーム制作会社の「Rovio」は、大ヒットしたゲームアプリ『Angry Birds』をリリースする以前にも数多くのアプリを開発していましたが、いずれもヒットには至りませんでした。

ヒット商品を生み出す前に、何百というゲームアプリを製作している企業はいくつもあります。将来的な「花形」となる商品を見出すのは簡単ではなく、結果として資金が無駄になってしまう可能性もあります。

 

•花形 : 市場成長率、市場シェアともに高い製品
市場を牽引する製品になる可能性が大きいですが、そのためには継続的な投資が必要となります。他の製品カテゴリと比較して、ROIは高くなります。

 

•金のなる木 : 市場成長率が低く、市場シェアが高い製品
「いかに木を腐らせずに、できる限りのお金を実らせるか」にかかっています。ここに分類されている製品の多くは、安定したシェアの高さを保っています。

 

おむつの『パンパース』や、脱臭剤『Lynx』など、さまざまな商品を製造する「P&G」はよく、「金のなる木の会社(Cash cow company)」と呼ばれてきました。

BCGマトリックスは、細かな分析にはあまり適していないため、あくまで製品の概要を掴むものとして活用しましょう。また、市場が小さい場合、BCGマトリックスにおける「関連する市場」軸は市場全体ではなく、競合他社に基づいて策定されます。

 

1.負け犬 : 市場成長率、市場シェアがともに低い製品。

 

2.問題児 : 市場成長率が高く、市場シェアが低い製品。

 

3.花形 : 市場成長率、市場シェアともに高い製品。

 

4.金のなる木 : 市場成長率が低く、市場シェアが高い製品。

 

BCGマトリックスの活用法とは?BCGマトリックスは製品のポートフォリオを表すためのものだと考えられているため、通常は複数の製品を持つ大企業に適しています。

ただ、中小企業のマーケターの場合も、同様にポートフォリオを作成することで、製品の見込み顧客を獲得したり、セールス促進を図ることができます。次に、それぞれの象限ごとに行うべき戦略をご紹介します。

 

•負け犬 : 市場成長率、市場シェアがともに低い製品一般的なマーティングにおいて、企業のリソースの損失につながる「負け犬」に分けられた製品については、ポートフォリオから除外させることを勧めます。しかし、ほとんどコストをかけずに継続的な収益を上げる製品 (=金のなる木) になる可能性もあるため、その後の可能性を十分に考慮してから除外するかどうか決定するようにしましょう。例えば自動車業界では、特定の自動車の製造が終了しても、スペアパーツのニーズは継続します。スウェーデンの自動車メーカー「SAAB」も、新車の販売取引および製造を中止してからは、部品販売へとビジネスを移行しました。

 

•問題児 : 市場成長率が高く、市場シェアが低い製品「問題児」とは将来的に「花形」と「負け犬」のどちらにもなり得る製品のことです。これらの製品を「花形」へと成長させるためには、多額の投資が必要となります。例えば、ゲーム制作会社の「Rovio」は、大ヒットしたゲームアプリ『Angry Birds』をリリースする以前にも数多くのアプリを開発していましたが、いずれもヒットには至りませんでした。ヒット商品を生み出す前に、何百というゲームアプリを製作している企業はいくつもあります。将来的な「花形」となる商品を見出すのは簡単ではなく、結果として資金が無駄になってしまう可能性もあります。

 

•花形 : 市場成長率、市場シェアともに高い製品市場を牽引する製品になる可能性が大きいですが、そのためには継続的な投資が必要となります。他の製品カテゴリと比較して、ROIは高くなります。

 

•金のなる木 : 市場成長率が低く、市場シェアが高い製品「いかに木を腐らせずに、できる限りのお金を実らせるか」にかかっています。ここに分類されている製品の多くは、安定したシェアの高さを保っています。おむつの『パンパース』や、脱臭剤『Lynx』など、さまざまな商品を製造する「P&G」はよく、「金のなる木の会社(Cash cow company)」と呼ばれてきました。

 

BCGマトリックスは、細かな分析にはあまり適していないため、あくまで製品の概要を掴むものとして活用しましょう。また、市場が小さい場合、BCGマトリックスにおける「関連する市場」軸は市場全体ではなく、競合他社に基づいて策定されます。

 

 

Please reload

特集記事

展示会ディスプレイをはじめ、地域の魅力の伝え方、成果に繋がる売場づくりや店舗売場改善指導などの提案を行います2

January 6, 2019

1/3
Please reload

最新記事