アンカー

March 25, 2019

ボードアンカーは、直接ネジを締め付けることができない石膏ボードが張ってあり、中空構造の壁にエアコンや棚などの取付物を組み付けたい時に使用する部品です。

 

 


ビスの締め付けと取付物の荷重に耐えることができるような構造となります。
締め付け用の穴をもった樹脂部品をあらかじめねじ込むタイプや、トグラーアンカーなどと呼ばれる壁の中の部分を押し広げて抜けにくくなるものなどがあります。

 

 

アンカープラグとの違い

高層マンションなど鉄筋コンクリート造の建物では、石膏ボードの内側が木材などではなくコンクリートであることが多いです。コンクリートに打ち込む場合、アンカープラグを使用しましょう。

 

 

アンカープラグはコンクリート用のアンカーであり、プラスティック製やナイロン製の製品があります。コンクリートは素材がくずれやすくビスが効きづらいため、ボードアンカーではなくアンカープラグが適しています。プラグが広がり隙間を埋めるため、しっかりと固定されます。

 

ボードアンカーの取り付け面

ボードアンカーは取り付ける面に注意しなければなりません。

 
石膏ボードであること

石膏(せっこう)を主成分とした材料で、日本の戸建てやマンションによく使われています。表面の石膏ボードは崩れやすくビスが効かないため、通常木材などの下地が入った位置にビスを打ち取付物を固定します。
下地となる素材は、木材や金属、コンクリートなどがあります。

 

中空構造であること

石膏ボードの内側に木材などの下地がなく石膏ボードのみの面です。石膏ボード内側の下地が入ったところ以外は中空構造です。
 

ボードアンカーを使用する事で、ねじや釘が使えない中空構造の壁に簡単に器具を取り付 けることが可能です。例えば、制御ボックス・ウォールキャビネット・ドアーチェックの取付けなどに使用すると、作業がスムーズに進行します。

 

ボードアンカーを使用する必要がない場合は?

石膏ボードが張られている壁面でも、石膏ボードの内側に木材などの下地がある場合があります。


このような壁面ではボードアンカーを使用することなく、ビスを石膏ボードの内側下地に打ち付け、固定することができます。
下地があるか確認をするためには下地チェッカーという工具を使って事前に確認をしましょう。

Please reload

特集記事

展示会ディスプレイをはじめ、地域の魅力の伝え方、成果に繋がる売場づくりや店舗売場改善指導などの提案を行います2

January 6, 2019

1/3
Please reload

最新記事