フードコーディネートとは
~新しいフードの「ブランディング」「トレンド」「イメージアップ」を図る~
食の演出や開発をクリエイトする仕事です。

フードコーディネートをすることで、自力では今一つなもののイメージアップを図ったり、
今のトレンドと合わせることで、イメージの開発やブランディングとなる演出につながります。
また、新たな食生活・食ビジネスの創造・改善を提案する「食のトータルクリエーター」として活躍している方も多くいる仕事です。

仕事領域について

〇開発
食品メーカーの商品、飲食店・給食サービスのメニュー、地場産品を使用した行政・農林水産業団体の商品・メニュー、卸・小売業のPB商品、家庭向け弁当、食の新しいサービス・食べ方、食品の販路・顧客の開拓、店舗・厨房デザイン、観光業の食プログラム、新しい教育プログラム・カリキュラムなど

ブランディング
食品・飲食店などのパブリシティ制作(メディアの選定・コーディネート、写真撮影に関わるスタイリング・空間コーディネートなど)、食関連の記事作成、飲食店などの空間コーディネート、イベントなどの運営、食品の売り方・陳列手法の提案など

 

〇食の運営

レストラン・飲食小売業、少子高齢社会など時代に合った食の新業態・運営手法の開発、料理教室、フードコーディネーター教育・育成スクール、食育プログラム、地産地消プログラム、道の駅・農産物直売所など

また、展示会でのディスプレイやVMDの支援や、販売支援・販売促進へのサポート。