IP アイテムプレゼンテーション

IP アイテムプレゼンテーション

IP アイテムプレゼンテーション
IPはアイテムプレゼンテーションの略です。種類やカラー、サイズなど具体的に欲しいものを選ぶ場になり、手に取りやすいレイアウトづくりがポイントです。

IP アイテムプレゼンテーション

IP (アイテム・プレゼンテーション)は、商品陳列やPOPによってひとつひとつの商品の種類やカラーバリエーション、サイズなどをわかりやすく伝えることを指します。 特に商品のよさを自然に伝えてくれるPOPを正しく設計すれば、接客無しでも売れるようになります。よくある三角構成などを使って、魅せ方を工夫することがポイントです。

IP活用のポイント

IPをうまく活用し、商品の良さを効果的に伝えていくためのポイント。

陳列法にメリハリをつける

商品はそれぞれ実際に売りをたてたい商品と、先行して見せたりブランドの世界観を表現するための商品があります。

実際に売りたいもの、使い方がわかりやすいベーシックなものはすでにお客様も商品を使うイメージができているので、カラーやサイズ展開を見せて「何が一番の売りか?」と語りかける陳列をします。

まだ季節が早かったり使い方をイメージするのが難しいトレンドアイテムやオリジナル商品は、使っているシーンが想像できるように他の商品と組み合わせたり、マネキンなどの備品を使ってお客様の興味をひくと良いでしょう。

ポップアップストアの場合ははじめてそのブランドと接するお客様も多く来店されるので、使っているシーンやブランドイメージが伝わりやすいように後者の陳列方法を多めにするのもおすすめです。このように、ただ陳列するだけではなくその商品の特性や季節感、ブランドの認知度などをふまえて、陳列にメリハリをつけてみましょう。

POPに載せる情報は1テーマで

接客同様、思い入れのある商品のPOPをつくる際にたくさんの情報を載せたくなってしまいがちですが、1テーマ以外のことは伝わりません。誰かに、いってきた旅行を紹介するときに、あれもこれも紹介しても記憶に残っているのは1つだけです。

「ああ、あのメロンのとこね」などと友人に言われて愕然としませんでしたか?

あえて1つに絞ることが一番大事な事項です。POPに載せる言葉は文章でなく単語にするように意識すると、おすすめポイントが簡潔に伝わるPOPになります。「新商品」「手作り」「天然素材」などのわかりやすいセールスポイントを記載するのがスタンダードなPOPですが、ブランドとして産地にこだわっているのであれば、すべての商品に大きく産地を明記してもよいでしょう。

接客時に「すべて素材は国内産なんですよ」といった声かけができると、お客様にとってもそのブランドのこだわりがわかりやすく、相乗効果を生み出すことができます。