Food+Create 誕生まで

食への情熱 その背景

Food+Create 誕生まで

「フードセールス・コンサルタント」として、全国各地で販路拡大戦略をご提案してきた
代表・林由希恵が、クライアント様へのメッセージを書きました。

どのような想いでFood+Createを立ち上げたのか、お読みいただけますと光栄です。


これまで、フラワー業界、インテリア業界、フード業界など、

数々の現場で研鑽を積んできましたが、

現在の仕事をするに至ったのには、

深い理由があります。

 

「この店は絶対に潰させない!」

 

この想いが、私の原点です。

 

 

岐阜県土岐市の「割烹 千代田」は、

小さいけれど地元の方々に愛され、

正直に誠実に営業を続けてきた飲食店。

 

これが私の実家です。

 

お店に立って大忙しの両親に代わって、

子守り役の中居さんと遊び、

店の倉庫で寝かされて育ちました。

 

お客様からは、

「親戚が集まる時は、必ず千代田を予約する」

「子どもの頃から、祝いごとには千代田と決めている」

と言っていただき、繁盛していました。

 

とはいえ、地方でお店を続けていくには、

多くの荒波を越える必要があることを、

間近で見ていました。

 

 

ご新規さんが少ないこと、

常連さんには飽きられてしまうこと、

地道に積み重ねても一瞬で崩れる信頼、

ライバル店の影響、

取引先の倒産、

従業員の裏切り・・・。

 

 

両親の苦労を肌で感じていたので、

店を盛り上げるために、

広報やブランディングを私が一手に

引き受けていた時期がありました。

 

チラシやDMづくり、

料理のスタイリングと撮影、

ユニフォームの統一、

のれんの変更・・・などなど、

必死にデザインを独学して、試行錯誤しました。

 

 

たくさんのお客様が、

「おいしかった」「また来るね」

と言ってくださるこの店を、

絶対に潰すわけにはいかない。

その一心でした。

 

そして、お客さんに美味しいものをお届けしたい、

楽しんでもらいたいという気持ち一つで、

店を続けている両親の想いを、

「魅せかた」として表現したいと思いました。

 

父が高齢となり2018年に店じまいしましたが、

「割烹 千代田」のDNAは、私の中に生きています。

 

沿革


Food+Create 誕生まで

昭和34年
父、林義光が上京
板前修業が始まる。
昭和44年
岐阜県土岐市に「千代田」開店
昭和51年
3回目の拡張、移転 「寿司・和食 千代田」開店
昭和55年
4回目の拡張、移転 「四季の味 すし・和食 千代田」開店
昭和63年
有限会社 千代田設立
平成28年
「四季の味 すし・和食 千代田」閉店
平成29年
有限会社千代田を継承
Food+Create千代田として再スタート